menu

こころ、こんにちはブログ

    川崎沼田クリニック

ARCHIVEnumata_content

  • 2022
  • マウンティングの由縁 はコメントを受け付けていません

マウンティングの由縁

「さも私が言われている」と感じるクセ 夫や親のことを言われると腹が立つ…。例えば、女性同士のふとしたよもやま話をしている中で、一方の女性が急に不機嫌になってきたという場面は容易に想像できるでしょう。夫のことを自虐的に話したときに、思…

  • 2022
  • 「失礼」と連呼する癖 はコメントを受け付けていません

「失礼」と連呼する癖

今回は「我慢して生きていた」「納得しないものを飲み込んだ」経験の影響についてのべます。 いずれも巷では、あたりまえと言われていることの中にも、実は過去の個人事情がこびりついていることがあるという事例です。 「正しさ」へのこだわ…

  • 2022
  • 児童虐待と投影性同一視 (後) はコメントを受け付けていません

児童虐待と投影性同一視 (後)

前項では、児童虐待が繰り返される要素として「よしよし」と「バーン」について述べました。この瞬間変化こそが投影性同一視と言われる防衛機制です。 投影性同一視は、巷でもよく生じる防衛機制であり、気づかないうちに人間関係の軋轢の大きな要因…

  • 2022
  • 児童虐待と投影性同一視 (前) はコメントを受け付けていません

児童虐待と投影性同一視 (前)

今回は児童虐待の心理について述、母親と子どもを例にして述べます。特に家庭内虐待に生じる慈しみと虐めの両極端さが焦点と考えています。 極端な行動の裏には「別の人」がいる 私は児童虐待の心理性について、「よしよし、バーン」と例えて…

  • 2022
  • ミュンヒハウゼン症候群・代理ミュンヒハウゼン症候群 はコメントを受け付けていません

ミュンヒハウゼン症候群・代理ミュンヒハウゼン症候群

弱者として振る舞いたがる衝動 : ミュンヒハウゼン症候群 ミュンヒハウゼン症候群とは、症状を呈するような行為を行い、周囲に救済を求めていく衝動の病です。これは虚偽性障害 (詐病) のような、訴えだけで弱者を演出するよう試みるのではな…

  • 2022
  • 続々・謝らない人 :「見捨てられ不安」と「毒親」 はコメントを受け付けていません

続々・謝らない人 :「見捨てられ不安」と「毒親」

見栄・意地は「見捨てられ不安」からの回避 ナルシズムに生じがちな「境界性人格障害」の診断項目には、「見捨てられ不安」という訳があります。これは境界性人格障害の項目の中でも大きな要素を占める部分です。 これを文字そのまま捉え「見…

暴力 ストップ
  • 2022
  • 続・謝らない人 – 見栄と意地の由縁 はコメントを受け付けていません

続・謝らない人 – 見栄と意地の由縁

そもそも見栄・意地には「前提」が必要 前述に「謝らない人」という項目を立てました。改めて謝罪をたじろぐ、不都合になると顎が上がってしまう人などの矛先には、実は対人関係上の「怖さ」がよぎっています。「怖さ」ですから、攻撃的に見えるよう…

震災とコロナ : 災害後の「気が立つ」反応

有事時の心因反応 東日本大震災後数回、東京から現地のアルコール問題の支援に携わっています。沿岸部の気仙沼・南三陸に向かう道路の周囲の木々の下半分は、津波の塩水をかぶって茶色に染まっていることに驚かされました。しかし現地の人々と触れて…

摂食障害 : 「やめること」を目標とできない依存症

これまでも何度か述べている摂食障害ですが、断酒・断薬など完全に止めることができないただ一つの依存症という側面があります。 子どもからの問題行動 : ひきこもりや摂食障害 従来依存症と言われるものより、より根本が深い嗜癖行為と…

理解できない

⼼療内科・メンタルクリニック・精神科の違いは何なのか?どちらを受診すべきなのか?

精神科や心療内科、メンタルクリニックなどがありますが、「もし自分がこころの不調を感じるはどこの行けば良いのか?」「どこの科の医師がきちんと相談に乗ってくれるのか?」などといった疑問があるかと思います。 この記事では、そもそもそれぞれ…

さらに記事を表示する