menu

こころ、こんにちは。ブログ

    川崎沼田クリニック

ARCHIVEnumata_content

  • 2024
  • ギャンブルの今昔-こころの健康を取り返すべく(1) はコメントを受け付けていません

ギャンブルの今昔-こころの健康を取り返すべく(1)

今回はギャンブルの行動嗜癖の変遷を取り上げます。まずは日本で典型的なパチンコ・パチスロについてです。 日本のギャンブル依存症の構図-パチンコ・パチスロ依存症 行動嗜癖の代表的な一つであるギャンブル依存症ですが、これはゲーム依存…

芝生の上 本

虚言癖は病気なのか?特徴を考える

環境変化が生じる時期に表面化されるアディクションとして、虚言癖があります。もちろん癖ですから、本人範囲ではやりたくもないのにやってしまう衝動行為、つまりアディクション(依存症)です。 今回は二つの虚言癖の事例を取り上げます。理解して…

衝動的な行動は「あやつり人形」-例も紹介

今回は衝動について示します。衝動は過去の影響や体験が伏線にあり、衝動の「対象」・「質」・「感度」に反映されます。 衝動的な「行動」は過去体験の反芻?具体例とともに解説 医療といえば内科や整形外科、眼科などもいわゆる身体科は、保…

理解できない

職場適応障害とかつての「新型うつ病」(後)

人事異動の季節になってきていることもあり、かつての新型うつ病を取り上げています。後半は新型うつ病の衝動の現代への変遷についてみていきます。 新型うつ病の特徴を考える-"エンターテインメント"な一面 この衝動は時代とともに変遷し…

海岸を歩く家族の影

職場適応障害とかつての「新型うつ病」(前)

適応障害・うつ病・新型うつ病 労務における精神疾患の三大要因は、過労、職務適正、そして人間関係となっています。また適応障害という診断は、その状態を回避できれば、状態が改善して来るだろうという子が見込まれる時使われます。 一方う…

いじめ 加害者 被害者

トラウマ治療のゴール(後) – 極端さを手放す

前回は家族問題や人間関係上のトラウマが「極端さ」をもたらすことを中心に解説しました。今回の後半は、自動車教習の例えを用いてトラウマ治療のゴールを説明していきたいと思います。 前半記事はコチラ☞ トラウマ治療のゴール(前) - 極端さ…

スマホを触るドクター

トラウマ治療のゴール(前) – 極端さを手放す

本日のテーマは、精神科・心療内科の日常診療でよく訊かれる「トラウマ治療のゴール」についてです。 火山の噴火口に蓋だけしても、かえって下のマグマが熱くなるだけ 当メンタルクリニックでは、虐待やDV、ハラスメントやいじめ体験など、…

いじめられっ子

正義感という名の嫉妬 : 加害者治療の視点

「許せない」と感じる事柄は、実は許されるなら実行したいこと 当院でもSNS炎上に悩む方の来院が年々増えています。最近になって政府の介入が入ってきたことの影響か、例えば様々な記事を掲載するヤフーのコメント(通称ヤフコメ)欄では、評価が…

コミュニティー
  • 2023
  • 摂食障害は何に対する否認なのか(※追伸) はコメントを受け付けていません

摂食障害は何に対する否認なのか(※追伸)

脂肪アディクション-疾患にならない分類 研修医から十数年、一貫して対人関係に纏わる医療で働いていましたが、ある人から「先生の職場に通っている患者さんは、太っている人が多いですね」と言われたことがあります。これには私も驚きました。 …

  • 2023
  • 摂食障害は何に対する否認なのか (後) はコメントを受け付けていません

摂食障害は何に対する否認なのか (後)

今回は摂食障害のアディクションとしての解釈の最終項です。「敵意帰属バイアス」という心理学用語を前提として説明します。下記の論著に示しています。 精神科治療学 第38巻増刊号:アディクションとその周辺/星和書店 (seiwa-pb.c…

さらに記事を表示する