menu

こころ、こんにちはブログ

    川崎沼田クリニック

LATEST ENTRIES

震災とコロナ : 災害後の「気が立つ」反応

有事時の心因反応 東日本大震災後数回、東京から現地のアルコール問題の支援に携わっています。沿岸部の気仙沼・南三陸に向かう道路の周囲の木々の下半分は、津波の塩水をかぶって茶色に染まっていることに驚かされました。しかし現地の人々と触れて…

摂食障害 : 「やめること」を目標とできない依存症

これまでも何度か述べている摂食障害ですが、断酒・断薬など完全に止めることができないただ一つの依存症という側面があります。 子どもからの問題行動 : ひきこもりや摂食障害 従来依存症と言われるものより、より根本が深い嗜癖行為と…

理解できない

⼼療内科・メンタルクリニック・精神科の違いは何なのか?どちらを受診すべきなのか?

精神科や心療内科、メンタルクリニックなどがありますが、「もし自分がこころの不調を感じるはどこの行けば良いのか?」「どこの科の医師がきちんと相談に乗ってくれるのか?」などといった疑問があるかと思います。 この記事では、そもそもそれぞれ…

メンタルクリニック(心療内科)と家族の付き添い

今回はメンタルクリニック (心療内科・精神科)の受診において、家族がどのように付き添うか、どこまで一緒についてくるかに悩むケースについて、当院の見解を交えながら述べていきます。 付き添いについて家族が悩む例 メンタルクリニック…

ひきこもりの変遷 (後)

ひきこもりの変遷(前)に引き続き、後半は深掘りします。 ひきこもる時の大きな願い そもそもひきこもりとは「自分にはあのようなことはもう起こって欲しくない」と未来への心配をして、その結果少なくともリアルの中で、大衆と持続的な関係…

ひきこもりの変遷(前)

今回はひきこもりと称された流れを、二回に分けて回想していきます。 「社会的」なひきこもりはいま。 いまから十数年前に、「社会的引きこもり」という本がベスト・セラーになりました。この当時の「社会的」という意味は、SNSを初めとし…

暴力 ストップ

行動経済学の応用(2) : その気になれば依存症治療は明るい

前回に引き続きで、今度は依存症治療のこれからについてです。 「その気にさせる」戦略へ : 行動経済学の視点 我々は「行き詰まり」から「変化に向けて動く」は全く未経験な流れではありません。なぜなら日々私たちがいかにモノを買っても…

母親 カメラ

行動経済学の応用 (前) : 「屈服」で人は動かない。

依存症治療の「底つき体験」 依存症治療の中に「底付き体験」というものがあります。アルコール依存症ならば、「いくら言っても本人が治療に入ろうとしないときは、日常生活がままならなくなり、本人が参ったというまで待つ」というのが一つの戦略に…

復職に際して

学校では夏休みや冬休みの後が最も自殺が多くなります。休み前の辛い出来事が繰り返されることを心配してしまうのでしょう。一方社会人の場合は、学童・生徒とは考え方を変えなければなりません。 今回は職場を休んでいた方が復職する際の不安の流れ…

カジノでギャンブル依存症は増えるか?(後)

前半ではカジノと従来のギャンブルとの違いについて述べました。 カジノでギャンブル依存症は増えるか?(前) | こころ、こんにちはブログ (kawasaki-numata.jp) 一口にギャンブルといっても、今まで日本に普及して…

さらに記事を表示する

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

川崎沼田クリニック
沼田真一

沼田真一
川崎沼田クリニック 院長
神奈川県川崎市川崎区砂子2-11-20 加瀬ビル133 4F