menu

こころ、こんにちはブログ

    川崎沼田クリニック

CATEGORY人間関係

  • 2022
  • 「失礼」と連呼する癖 はコメントを受け付けていません

「失礼」と連呼する癖

今回は「我慢して生きていた」「納得しないものを飲み込んだ」経験の影響についてのべます。 いずれも巷では、あたりまえと言われていることの中にも、実は過去の個人事情がこびりついていることがあるという事例です。 「正しさ」へのこだわ…

  • 2022
  • 続々・謝らない人 :「見捨てられ不安」と「毒親」 はコメントを受け付けていません

続々・謝らない人 :「見捨てられ不安」と「毒親」

見栄・意地は「見捨てられ不安」からの回避 ナルシズムに生じがちな「境界性人格障害」の診断項目には、「見捨てられ不安」という訳があります。これは境界性人格障害の項目の中でも大きな要素を占める部分です。 これを文字そのまま捉え「見…

暴力 ストップ
  • 2022
  • 続・謝らない人 – 見栄と意地の由縁 はコメントを受け付けていません

続・謝らない人 – 見栄と意地の由縁

そもそも見栄・意地には「前提」が必要 前述に「謝らない人」という項目を立てました。改めて謝罪をたじろぐ、不都合になると顎が上がってしまう人などの矛先には、実は対人関係上の「怖さ」がよぎっています。「怖さ」ですから、攻撃的に見えるよう…

摂食障害 : 「やめること」を目標とできない依存症

これまでも何度か述べている摂食障害ですが、断酒・断薬など完全に止めることができないただ一つの依存症という側面があります。 子どもからの問題行動 : ひきこもりや摂食障害 従来依存症と言われるものより、より根本が深い嗜癖行為と…

ひきこもりの変遷 (後)

ひきこもりの変遷(前)に引き続き、後半は深掘りします。 ひきこもる時の大きな願い そもそもひきこもりとは「自分にはあのようなことはもう起こって欲しくない」と未来への心配をして、その結果少なくともリアルの中で、大衆と持続的な関係…

暴力 ストップ

行動経済学の応用(2) : その気になれば依存症治療は明るい

前回に引き続きで、今度は依存症治療のこれからについてです。 「その気にさせる」戦略へ : 行動経済学の視点 我々は「行き詰まり」から「変化に向けて動く」は全く未経験な流れではありません。なぜなら日々私たちがいかにモノを買っても…

憂鬱 少女

こころの回復に必要なモノ・妨げになるモノ(後編)

前編で述べたように、そもそも人の動きや考え方に関しては、目に見えたり感じたりする実体だけではなく、「どのような流れでこのようになっているのか」という見方が欠かせません。しかしここで妨げになるのは世間の感覚、つまり常識や良識、当たり前と言う…

阪神タイガースという受け皿

今回はアルコール病棟時代に「阪神タイガース」がいかに患者さんの受け皿になっていたかを、私の研修医時代を振り返りながら述べます。 阪神-巨人戦への想い 「何故かわからないけど、アルコールの人って、阪神の帽子を被っている人が多いん…

怖がっている人

神経症について

今回は適応障害の原点である「神経症」という概念について要点を述べてみます。 神経性は個体ではなく、周囲や他者との「関係性」が焦点となる疾患です。 前提 : 「学んだことは、使いたくなる」という怖さ 昔から一般的にも使われ…

芝生の上 本

こころの治療に「ウケ」は要らない

ことばの独り歩き こころの分野はどうしても広くなることもあり、いまも昔も様々な一般本の題材となります。よって流行語というのも出てきます。特に人間関係に関するワードは多くみられます。時々ワードのインパクト重視になり、その意味の嚙み砕き…

さらに記事を表示する