menu

こころ、こんにちはブログ

    川崎沼田クリニック

共依存の推移 (前)

母親 カメラ

今回は共依存(人間関係の依存)における特徴の変遷について述べてみます。今回は前編です。

アルコールが生み出した関係性 – 共依存

共依存とは、例としてアルコール依存症の夫婦関係を代表する言葉で、酒を飲んでいる夫に依存している妻の姿を示します。飲みすぎにより家庭や社会で物事を今まで通りに出来ないでいる様子を妻が肩代わりし、支障が出ないような振る舞いをすることで、結果的に夫の飲酒が続くという関係性を描いた用語です。

夜遅くまで飲んで酔って帰宅し玄関で寝ていれば、寝室まで連れて行く…、翌朝酒が残って会社に行くのに手間取るのであれば、声がけから支度まで全て妻があてがう…、それでも会社に行けなければ会社に欠勤の連絡とお詫びを入れる…といったものです。ある意味甲斐甲斐しく妻が「尻拭い」「後始末」をし、一見夫の失態をなかったことにすることで、夫は飲酒するようになるというものです。

人間関係が「依存」となる流れ

この様子に「共 ”依存” 」という言葉を使う理由は、例えば夫が酒で身体が参って入院し、妻の手間がなくなったときの妻の様子から来たものです。

夫の世話への疲れから妻は入院を願っていることすら多いため、いざ夫が入院するとホッとすると思いきや、入院前に妻自身すら願っていた様子にならないのです。他のことに時間を使えるようになりいきいきとするかと思いきや、入院した夫を心配して何か出来ることはないかと言い出したり、あるいは家でやることがなくなって鬱々とした気分で何もできなくなったりします。

夫の様子がやはり片時も頭から離れず、夫中心に世界や人生を生きてしまっている…。このような様子から、夫の酒が治ったら、今度はこの妻はむしろ生きる糧や意味がなくなってしまうのではないかと捉えられてきました。いつのまにか妻が夫の様子に頼っている関係性から、これは依存と捉えられるのではないかという視点が生まれ、共依存という言葉が生み出されました。

私が当初感じた「共依存」

私が依存部門に入って間もない頃に感じた、「共依存」夫婦が醸し出す解釈つまり「におい」は、おそらく「甘え」と「甘やかし」の関係性のみだったと思います。妻が様々なことを繰り返し補ってくれているうちに、「何かあっても、あいつが問題ないようにいろいろと手を尽くしてくれる”だろう”」と夫は感じるようになる。一方妻の方は「夫がこれ以上まともでいられない状態になるのを防ぐには、私がやるしかないし、妻の私しか出来ない」と決め込みます。

しかしこのときの深層には必ずと言っていいほど次のような鍵があります。それは「あの人は酒がなければいい人だから、放っておけない」です。

この「放っておけない」という思いは、ともすれば女性にとっては「器量」という評価につながるので、周囲からも評価される尺度となります。よってなおさらこの夫婦関係の立ち位置を外すきっかけを持てずにいる状況が続きがちです。特に私が以前住んでいた地方はどうしても価値観は画一的になりがちですから、よりこの趣きは大きいと言わざるを得なかったと思います。

(次項・後編へ続きます)

関連記事

コメントは利用できません。
川崎沼田クリニック

沼田真一
川崎沼田クリニック 院長
神奈川県川崎市川崎区砂子2-11-20 加瀬ビル133 4F