menu

こころ、こんにちはブログ

    川崎沼田クリニック

トラウマと自己肯定感のありかた (前)

〇 前置き : 人が行う援助だから「人間味」を無視できない。

前回「トラウマと認知行動療法」について述べました。このコラムを書いた背景は「援助者側が当事者との前提の違いに気づかないことがないか」を日頃から臨床的に感じるためです。

これは治療を施行することには学問という視点の限界が無視できません。所詮はコミュニケーションですから、簡単なところでは息も間も有するある意味「芸」のようなものです。よって援助側の人間味が無視できません。むしろ実際には大きく影響しているでしょう。

もちろん認知行動療法など特定の型の治療法は、この人間味を脇に置いておいて、誰でもカリキュラムを積んでいけばこなせるようにするというものです。俗にいうエビデンスというのを目標にした場合は、型にはまっているものを必要とするでしょう。しかし一方ではこのような方の治療の推進には、援助者側の事情が働いている場合がありませんでしょうか。

一つ例に挙げるバイアスは、援助側が自分の得意分野(例・認知行動療法)を持っている場合に、その武器が少しでも使えるとわかると、「少しの効果でも」と使いたがる衝動が湧き上がってくるものです。これは経験を重ねてきたことは、たとえ通用する割合が少なくとも、施行したこと自体に対する達成感が生まれる可能性を、援助者側が想像できるからではないでしょうか。

今回はこのようなことを踏まえながら、改めてトラウマとその後の自己肯定感の影響について、前後半二回に分けて述べます。今回は前半です。

トラウマ体験と自己肯定感

トラウマとはどのようなものを指すかは、議論が尽きないかもしれません。私としては納得感・釈然感がないまま受け入れざるを得なかった出来事として、トラウマ体験を捉えています。

もちろん「あとになって、そのようにしておいてよかったでしょ?」という言い分もあるでしょう。しかしこれらは例えば受験やしつけなど、世間から見ればあとから利得を生み出すと考えられるものに対してです。

一方トラウマ体験とは「無理矢理」感が潜んでいるのです。

理解できない

「無理矢理感」は何をもたらすか

たとえ目指すものが社会的に認められがちな出来事でも、そのプロセスに無理矢理感があると、上述の納得感・釈然感を飛び越え強制や支配につながります。この「支配された感覚」が、次のステージでさらに当事者に満たされない感覚をある意味穿った形で招き入れます。納得感なく受けいれた体験は、のちに「平等性を穿った形で捉えるようになる」という形で影響を及ぼします。

そもそも個人の要求がまちまちな中で、社会における平等とは「不都合なものをみんなで分かち合う際の落としどころ」ともいえます。しかしトラウマ体験の影響により、この落としどころを見つけることに納得がいかなくなります。よって折衷案を受け入れられなくなります。

これは俗にいう「プレミア」という言葉で当てはまるかもしれません。例えばある人や組織からある出来事に対して我慢して受け入れたものについては、あとでその分返してもらうという「補償」を落としどころとすることが多いと思います。ここにトラウマ体験のようにタイムラグが発生する場合は、その平等性の担保として「利息」がついてくるかもしれません。この利息にも妥当性という「落としどころ」が本来はあるでしょう。

ここでトラウマ体験を引きずっている方に当てはめてみます。前述のようにトラウマは無理矢理という支配を飲み込んだ体験なので、「どこまで飲み込んだか」という程度が当事者には見えません。そして当然ながら、返してもらう目途も見えませんので、妥当な利息を付けられません。

そこでトラウマ体験者は「レバレッジ」が大きくなることに駆られるようになります。以下は、後半のブログに続きます。

関連記事

コメントは利用できません。
川崎沼田クリニック

沼田真一
川崎沼田クリニック 院長
神奈川県川崎市川崎区砂子2-11-20 加瀬ビル133 4F