menu

こころ、こんにちはブログ

    川崎沼田クリニック

ミュンヒハウゼン症候群・代理ミュンヒハウゼン症候群

  • 2022
  • ミュンヒハウゼン症候群・代理ミュンヒハウゼン症候群 はコメントを受け付けていません

弱者として振る舞いたがる衝動 : ミュンヒハウゼン症候群

ミュンヒハウゼン症候群とは、症状を呈するような行為を行い、周囲に救済を求めていく衝動の病です。これは虚偽性障害 (詐病) のような、訴えだけで弱者を演出するよう試みるのではなく、医療上のデータにも明確に影響するような行動を呈します。

精神科領域の疾患ですが、身体に影響を与える行為の為、身体科で発見されることが多いです。例えば「貧血を訴えているが、実は家で自ら注射器で血液を抜いている (瀉血といいます)」「糖尿病のインスリン注射を規定量以上に自ら打ち、低血糖になって救急受診する」などです。

いずれも実態としてデータにも出てくるし、状態像も貧血や低血糖と同様なため間違いではありません。しかし医師の思惑通りの臨床像にならないことから、本人の故意により生じているのではないかと疑われるところから始まります。

しかし、貧血も低血糖も一歩間違えると生命にかかわる状態です。従って不安や集中力低下などメンタルヘルス領域で弱者演出した方が無難ではと感じるかもしれません。しかしミュンヒハウゼンの当時者は「証明なきものは信じてもらえない」と切羽詰まっております。また貧血や低血糖などの、より重症性や緊急性が高いと演出でないと、私に注目してもらえないという思い込みがあります。ちなみにこれを疾病利得と言います。

昔はこれを精神科領域ではヒステリー (俗に言われるきりきり舞いに怒っている状態を示す用語では実はありません)と呼んでいました。対してミュンヒハウゼンは、いまから約20年前から少しずつ知れ渡ってきた言葉です。

弱者を救う人として振る舞いたがる衝動 : 代理ミュンヒハウゼン症候群

ミュンヒハウゼンにはもう一つ、代理(型)ミュンヒハウゼン症候群というものがあります。これは弱者を作り、そこに寄り添う当事者が世間に弱者の状態を訴え続けるという状態です。

典型的なのは母娘二人の間で生じる状態です。過去に日本の大学病院でも話題になりましたが、「具合が悪くて入院中の幼い娘に一緒に寄り添っていた母親が、医療者に隠れて娘の点滴を適宜外していた」という症例です。母親は娘の状態が悪くなることでナースコールを押し、確かに娘も具合が悪いのですが、点滴が予定通りに入っていれば考えにくい状態を呈していたため、医療者側が母親の故意を疑った事例です。

この症例では、「 “弱い娘に向き合っている母親の姿を、周囲に関心をもってもらいたい ” という衝動に駆られている」とみなされます。よって娘が回復しては自分の救済者としての立ち位置がなくなると母親は感じるため、娘の病態が回復しないように図っていることになります。娘を代理にして弱者にして周囲からの関心を惹こうとするため、代理ミュンヒハウゼンと呼ばれます。

過剰な関心の欲しさは、「見棄てられ不安」という怖さ

上述の2つのミュンヒハウゼンは、本人自らもしくは誰かを媒介にすることで、正当な立場で自分に関心をもってもらいたいとする衝動が共通点です。

しかしこれは関心が欲しいという衝動ではなく、黙っていれば周囲は私から離れていってしまうという、前述の「見捨てられ不安」の過剰に生じていることから来ます。つまり当事者の中に「人は私が黙っていれば私に不快感を持ちながら、離れていってしまう」という前提を持っています。

これは例えば親子虐待から得た感情の体験を、他の人にまで派生させて決めつけていることによるものです。「関心を得られないということは、存在している意味はないのだ」という発想に、次第に取りつかれてしまっているのです。

まとめ

このように、たとえミュンヒハウゼン症候群のような病態とは言わなくても、過剰な反応や立ち居振る舞いの中には、「怖さ」が原点にあるのです。もちろんそれは思い込みなのですが、閉鎖空間の中に居続ければ、この思い込みを払拭する手段が得られないまま経過してしまうことがあります。

ちなみにミュンヒハウゼンを呈する人は、最初から強い思い込みをそのまま強く表現していたわけではありません。むしろ最初は何も言っても無駄と感じて我慢し、表現しなかった時代が伏線にあることが多いです。どこかで想像以上に関心を持ってもらえた体験を通して、極端に振り子が傾いて「離れられない」状態に執着しています。

このように、半ば本人も実体ではないとわかっているのに止められないのが、衝動の病です。

関連記事

コメントは利用できません。
川崎沼田クリニック

沼田真一
川崎沼田クリニック 院長
神奈川県川崎市川崎区砂子2-11-20 加瀬ビル133 4F